Now loading...

- INTRODUCTION -

『ねぇ知ってる? ドッペルゲンガーの都市伝説……』

若者を中心として流行する、ドッペルゲンガーの都市伝説。
それは初花駅の一番奥の券売機で入場券を買い、
環状線を一周すると、自分のドッペルゲンガーが現れ、願いが叶うというもの。
そのためにはドッペルゲンガーを殺す必要がある。
さもなくば——自分がドッペルゲンガーに殺されてしまうのだという。

一方、喫茶店スノーフレークで目を覚ました如月つぐみ、
彼女は自分に関する記憶を失ってしまっていた。
無くした記憶に繋がる手掛かりは、白紙の手帳と1本の万年筆、
そして≪インビジブル≫と呼ばれる、異能者にしか見えない能力のみ。

黒霧の中で出会った少年少女とともに、
つぐみは自分の記憶を取り戻すため、見えない思惑と悪意が渦巻く世界へ身を投じていく。
都市伝説と異能、謎を解き明かした先に待つのは、
絶望か、虚構か、それとも真実なのか——。

≪見えない物語≫が幕を開ける。

- ABOUT -

invisible タイトル

舞台は現代の日本、そのどこかにある町≪初花市(はつはなし)≫。
海外進出を果たした巨大企業≪青葉ホールディングス≫と提携し、
町ぐるみで住民の健康推進に取り組んでいる。
また各分野の天才が集まる、≪私立青葉学園≫の所在地でもある。

初花市は表向きはどこにでもある町だが、
≪ドッペルゲンガーの都市伝説≫が騒がれるようになってから、
ある日突然行方不明になる人と、不可解な事件が増え始めている。

主人公らはそれぞれの目的のため
初花市にある≪アンノウン≫と呼ばれる、異能者を束ねる組織に加わることとなる。
アンノウンは運営資金調達とカモフラージュのために、
市内でいくつかの施設を運営しており、喫茶店≪スノーフレーク≫や
主人公がアルバイトをするゲームセンター≪プラムクラブ≫もその1つ。

- CHARACTER -

({{dataset.yomigana}})

- SCREEN SHOT -

- ゲーム情報 -

ジャンル
現代ファンタジー
形 式
ビジュアルノベル(全年齢向け)
テーマソング【蒼のフラグメント】
作詞:
水原 梓
作編曲:
むとこー
ボーカル:
明太子
プラットフォーム
ブラウザゲーム(PC)

- スタッフ -

水原 梓(みずはら あずさ)

企画、シナリオ

藤沢 毅(ふじさわ つよし)

背景

tack

スクリプト

ひよじっく

サウンド

あおい美潮(あおい みしお)

イラスト
※サークル外からお手伝い